2016年10月12日

CHROME HEARTS:4カラーケルティックボールペン

文具に金を掛ける男はカッコいい。

自己満足に過ぎなくたっていいんです。

CHROME HEARTS:4カラーケルティックボールペン



一例を挙げるには極端すぎるかもしれませんが、クロムハーツを(笑)

ここはあらゆるモノをシルバーやレザーで作ってしまうことでも有名ですが、

昔から文具も手広く手掛けています。ボールペンも結構昔からありますね。

写真のこれはケルティックモチーフで、他にローラーモチーフのものもあったり。

一般的に考えるとボールペンがシルバー製である必要なんてまったくないし、

むしろ重くて使いにくそう。機能面では「?」が浮かぶのも無理からぬものです。

しかし男の文具ってこだわり方向に振り切っていても全然良いのではないでしょうか。

他人から見てなぜ高い金を出してそれを買ったのか意味不明だったとしても、

究極の自己満足に過ぎないとしても、文具に趣味性を見出す男は結構カッコいいと思います。






見れば見るほど美しい・・・。

銀細工は古来から高貴なものとして重宝されてきた歴史がありますが、

クロムハーツのシルバー製ボールペンも100年くらいしたら今より価値が出ているかもしれません。

そういう根も葉もない妄想に熱中できるのも男の特権ということで(笑)


この記事へのコメント
クロムハーツの4色ローラーボールペンを落として失くした過去を思い出しました(笑)

重さがあって意外と書きやすかったですよ!
Posted by レモン侍 at 2016年10月13日 07:23
レモン侍さん、こんばんは。

>クロムハーツの4色ローラーボールペンを落として失くした過去

げっ!それは私だったら立ち直れないかもしれません(笑)

重さがある方が意外と書きやすいんですかね?
そういえば重いペンを一度も使ったことがないので勝手に使いにくそうな印象を抱いていました!
Posted by タゴ at 2016年10月13日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442745788

この記事へのトラックバック