2017年03月22日

DENIME:662(購入後約2ヵ月半経過)

2017年3月現在もっとも最愛のジーンズであるドゥニーム662の定期穿きこみレポート。

気合い入れて写真撮ったら穿きこみ具合がまったく伝わらないものになりました(笑)

DENIME:662(購入後約2ヵ月半経過)



しかも購入後約2ヵ月半経過という中途半端極まりないタイミング。

ダメダメなので3ヵ月経過くらいのタイミングで改めて投稿します。

が、せっかくなので今日もお付き合いくださいませ・・・。


結論から言うとアタリがなかなか良い感じで出てきた。

特にフロントポケット周りは顕著にアタリのコントラストが出始めている。

逆に太腿周りのヒゲは思ったより出てこない。

これはタイトなシルエットなので仕方のない部分だろう。恐らくヒゲは派手にならないと思われる。

購入からまだ間もない時期なので当然洗濯の類は一度も行っていない。

ゆえに全体を見るとまだ濃紺と言っていいくらいで、目立った色落ちはほとんどない。

前述のフロントの腰回りや両膝の脇、裾のパッカリングくらいだろうか。

それでは雰囲気を重視するあまり屋外で撮影し失敗した写真をご覧いただこう!










穿きこみ具合がまったく伝わらないことと思います。スミマセン。

しかしドゥニームのザラついたデニムの質感と作りのタフさはかなり気に入った。

いわゆる旧ドゥニーム時期のモデルなので詳細は分からないが、

恐らく14〜15ozの硬めのデニムの質感は非常に癖になる。

662はスキニーではないが結構タイトなストレートシルエットなので、

快適さとタフさを両立させるうえでは黄金のバランス感なのではないだろうか。

とか言いつつ、ネイキッド&フェイマスあたりの20oz超えのウルトラヘビーオンスデニムもチラチラ気になっている今日この頃。


購入時の記事はこちら
購入後約1ヵ月半経過の記事はこちら


posted by タゴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション(自前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック