2017年03月30日

RED WING:8172(ブラック&レッド)

履けば履くほど惚れる!

ルックス・値段・履き心地のトータルで考えると、レッドウイングはやはりNo.1のワークブーツブランドだ。

RED WING:8172(ブラック&レッド)



一般的にホワイツがワークブーツの王者と言われていて、それに異論はない。

重ねてきた歴史が長いし、ブーツとしての完成度など諸々を考えると王者の名にふさわしいと思う。

ウエスコだって凄いですよね。ジョブマスターもボスも完成されているし。

ウエスコもホワイツも履いたことがないので偉そうなことを言うにはあまりに恥ずかしいんだけれど、

個人的にはレッドウイングがワークブーツのナンバー1。王者ではなく。

ルックスの素晴らしさと抑えられた値段、そして(ワークブーツにしては)望外の履き心地。

更に言えば人気があり、知名度も高く、ブーツ好きからも一目置かれる存在であること。

これらのトータルで考えるとライバルなど存在せず、No.1であると認めざるを得ない。
(認めたくないわけではない)


昔は8165(プレーントゥのクレープソール)も履いていたが、今現在愛用しているのは8172のブラックとレッド。

年季としてはレッドの方が長い。ブラックの方は革の質感もまだ硬さが残っていてこれからという感じ。

8172はちょっとハードなビブラムソールがいいでしょう。

クレープソールも大好きなんだけど、自分の中ではビブラムソールが最高のソールかもしれない。






それと、基本的にまったく気を遣わなくて良いのもレッドウイングが大好きな理由。

傷も味だし、汚れもそんなに気にならない。酷使はしないけど過保護にしたことは一度もない。

それでもタフに成長してくれるところも素晴らしいなぁと。

貧乏性なのでウエスコやホワイツみたいに高価なブーツだと必要以上に気を遣ってしまいそうで。

次はクレープソールのスウェードなんかもいいなぁ。

って前も言いましたっけ・・・。


posted by タゴ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション(自前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック