2017年04月26日

レザーを巡る旅:「ISAMU KATAYAMA BACKLASH イタリアンショルダーダブルライダースジャケット」

「ライダース=コワモテ」という誤解。

今や普通の女性もダブルのライダースを着る時代になり、喜ばしい限りです。

レザーを巡る旅:「ISAMU KATAYAMA BACKLASH イタリアンショルダーダブルライダースジャケット」



私が若い頃、ライダースジャケットを着るのは本物のバイカーかミュージシャン系(大抵の人はプロではない)だった。

昔はインポートブランドばっかりだったな。ショットとかバンソンとかルイスレザーズとか。

アメリカかイギリスの本気なブランドの硬い革のライダースを嬉々として着ていたバイカーとロッカーたち。

世間的にも今よりずっと「ライダース=コワモテ」という印象形成がハッキリしていたように思う。

今ではその辺を歩くフェミニンな女性までダブルのライダースを普通に着ている時代になり、

「ライダース=コワモテ」の的確かつ偏った印象は昔より曖昧になった。


個人的にはとっても喜ばしいと思っています。

私自身バイクに乗らない&バンド活動もしたことがない人間なので、

非バイカー&非ロッカーにライダースが浸透するのは素直に嬉しい。

本来ハードコアな洋服だったライダースジャケットの市民権が上がったというか。

ロックなんて全然聴かない女性が「ライダースジャケットで甘辛コーデ★」みたいに着てるのも見ていて幸せな気持ちになる。

私も若い頃はAC/DCのロックTを着るギャルを見て「お前聴いたことないだろ!」って思ってたけど、今では微笑ましかったり。

つまり自分が歳を取ったんだなぁとここまで書いて気付きました(笑)

ちなみに写真のライダースは日本が誇るバックラッシュから。

製品染めをしていないイタリアンショルダーを使った男臭い(そして革臭い)逸品だ。

動く度に「キュッ」と革が鳴り、ほんのりと漂う革の香り。

「あぁ俺は今ライダースを着ているんだ」と心底感じられる。これは革フェチにはたまらない。

いかにもコワモテになりそうなデザインではあるけど、合わせるパンツや靴でガラッと雰囲気が変わりそう。

地の色のような裏地のレッドカラーも素敵ですね。


posted by タゴ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 連載:レザーを巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バックラッシュのライダースはハードさと滑らかさが両方あって大好きです。
決して安いモノじゃない(むしろ高い)んですけど、2ヵ月くらい前に3着目を買ってしまいました…

僕もバイカーでもロッカーでもないですけどライダース大好きです^^
だからこの記事のタゴさんの気持ち分かります!
女性がカッコ良く着ていると嬉しいですよねw
Posted by ミラン at 2017年04月28日 21:13
ミランさん、こんにちは。

バックラッシュお好きなんですね^^
私は一着も持ってないんですけど、店で手に取って見るとやっぱりいいな〜と物欲がメラメラします(笑)

女性のライダース姿はかなり好きです。
もっと増えてほしいですねぇww
Posted by タゴ at 2017年04月29日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック