2017年06月12日

蕎麦 大黒屋

加齢と共に増す蕎麦への愛。

そのうちラーメンより蕎麦の方が好きになる予感。

蕎麦 大黒屋



蕎麦自体は子供の頃から好きだったけど、間違いなく年齢を重ねるにつれてますます好きになっている。

うどんもそうかもしれない。でも蕎麦はよりその傾向が強い。なぜだろう?

たぶん加齢と共に油っこいものよりもさっぱりしたものを好むように味覚が変わりつつあるのだろう。

これはかなり多くの人が体感する味覚の変化かと思われる。

「若い頃はカルビが世界一好きな食べ物だったんだけどね〜」というアレだ。

私もいつの間にか30代半ばになり、「そういう年齢」になりつつあるんだと思う。


とはいえまだ気持ちも味覚も若いのか、蕎麦よりラーメンの方が好きだったりする。

仕事終わりのラーメンは自分への最高のご褒美だし、食おうと思えば週に2〜3回くらいは食える。

これが40代になったらどうなっているだろう。もしかしたら蕎麦の方が好きになってるかもしれない。

これが歳を取るということか・・といささか寂しい気持ちになりつつ、

好きなモノを好きな時に食べられる幸せはいくつになっても変わらない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450771075

この記事へのトラックバック