2018年05月09日

レザーを巡る旅:「HIGH LARGE LEATHERS Horse Hide Jacket “Guthrie”」

「一生物」と自分に言い聞かせて買う行為について。

革ジャンを着れるのはいくつまでなんだろう?


レザーを巡る旅:「HIGH LARGE LEATHERS Horse Hide Jacket “Guthrie”」


「高いけど欲しい。どうしても欲しい」これは物欲魔の私たちにとって一番の悩みです。
心底欲しいモノに限って自分の中の予算を超えている場合が多く、常に選択と決断に迫られる私たち。
人生一度きりなんだから買ってしまえ・・・という悪魔のささやきを受け入れるかどうか。
まさに物欲という魔物との戦いですね。


物欲に塗れた人間がよく口にする「一生物」という言葉には魔力があります。
一生愛用するのであれば買ってしまった方が良いのではないか・・・。
むしろ安物で妥協するとそれなりの喜びしか得られないのではないか・・・。
誘惑に負けそうな人間の常套句であり、完全に自分への言い訳。
言うまでもなく私自身何度となく心の中でつぶやいた言葉だったりします。


実際のところ本当に「一生物」になることは滅多にありません。
レザーウェアもジーンズもクルマも長い目で見ると消耗品であり、例えば死ぬまで使えるモノなんて滅多にないのです。
モノによっては本当に死ぬまで愛用できることもあるものの、きっとほとんどが20年も愛用すればボロボロになってしまうことでしょう。


私たちが大好きなレザーウェアはどうでしょう。
これは利用頻度や着方、メンテナンスの有無で大幅に寿命が変わることが多く、あなたが大事に着続ければ「一生物」になり得ると思います。
ただ、気を付けなければいけないことがひとつ。
壊れたりすることはなくても、飽きてしまったり、年齢的に無理になってしまうモノは間違いなくあるかと。
つまり、オッサンになり、爺さんになっても着続けられるかどうかということ。
こればっかりは未来の話なので予想もつきません。


強いて言うならば若々しすぎずシンプルで上質であることが最低条件。
歳を取っても着れるデザインであることはかなり重要です。
体型の問題もありますね。基本的にレザーウェアの類はジャストかそれに近いサイズを選ぶと思いますが、今の体型をいつまで維持できるかはその人次第。
いつの間にかビール腹になっちゃったなぁ・・・だと長年の相棒を着れなくなってしまうのです。


こうやって冷静に考えてみると革ジャン買うのって結構リスキーな行為ですね(笑)
体型は努力次第で維持できるかもしれませんが、年齢を重ねてからの好みなどはどう変化するか分かるはずもないですし。
とはいえ、ハイラージレザーズのジャケットは年老いてから着ても超カッコいいじゃん!と能天気に妄想する自分もいたり。
まぁあれこれ考えすぎても人生つまらないですし、ある程度長い目で見つつも今を楽しんだらいいと思います。
偉そうに語った割にオチが適当過ぎてすみません(笑)


----------------------------------------------------------------------------
インスタグラムでは自前の洋服を毎日投稿中!
Wholelottafashion
----------------------------------------------------------------------------



posted by タゴ at 23:29| Comment(2) | 連載:レザーを巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「一生物」、、、その気持ちよく分かります。一生使い続けるからという言い訳、私も良く言ってます(笑)
私は更にこじらせて、「買わずに後悔するよりも、買って後悔した方がいい」なんて、自分勝手な迷言で予算オーバーを誤魔化しています(笑)
物欲、恐るべしですね(苦笑)
Posted by デレバ at 2018年05月10日 13:35
デレバさん、こんばんは。

>「買わずに後悔するよりも、買って後悔した方がいい」

まさに物欲魔ならではの考え方ですね(笑)
しかし私も人のことは言えません(笑)

これは一生物だから・・と心に誓って使わなくなったモノもいくつかありますが、逆に10年以上余裕で使えているモノもあったりします。
俺は見る目があるなーなんて自画自賛しながら、これからも愛用していこうと思いますよ。
Posted by タゴ at 2018年05月10日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: