2018年06月09日

TRAVIS WALKER:オリジナルマスター・オリジナルスカル20thアニバーサリーリング

トラヴィス・ワーカー日本上陸20周年を祝う「あの」スカルリング。

アラフォー世代のシルバー好きにとってはノスタルジーに浸れる逸品ですね・・・。

TRAVIS WALKER:オリジナルマスター・オリジナルスカル20thアニバーサリーリング



20年前にトラヴィス・ワーカーが日本に上陸した頃は、メンズのシルバージュエリーというジャンルがまだ確立されていない時代でした。
クロムハーツは既に人気が高かったものの、当時メジャーだったブランドはゴローズやA&Gくらいでしょうか。
ビルウォールレザーもまだ好き者しか知らなかったし、そもそもトラヴィス・ワーカーは当初ビルウォールレザー内のブランドでしたからね。


トラヴィス・ワーカーは日本デビューからしばらくはミック恵比寿の主力ブランドであり、ブレイクのきっかけはエリック・クラプトン。
「ギターの神様」と呼ばれるクラプトンがアルバムのジャケットカバーでトラヴィス・ワーカーのスカルリングを着用し、「このリングはどこのだ?」と一気に話題に。
クラプトンは当時ミック恵比寿でショーケース1個分くらいの買い物をしていったそうです(笑)
その後日本の芸能人やミュージシャンたち(ドラゴンアッシュの降谷建志や格闘家の魔裟斗など)の愛用ブランドとしてますます人気に。
現在に至るまで西海岸発祥のハードなシルバーブランドとして支持されています。


私は当時雑誌やムックなどでトラヴィス・ワーカーを知り、オリジナルスカルリングは一発で惚れました。
当時で7万円台のどこかだったと記憶しています。欲しくても高くて買えなかったなぁ。
結局は10周年を記念するスペシャル版のオリジナルスカルリングを数年前に購入し、今も毎日のように愛用中。
トラヴィス・ワーカーが特別大好きということもないし、ぶっちゃけこのスペシャルモデルしか所有していません。
でも、トラヴィス・ワーカーのオリジナルスカルリングはシルバージュエリー界の中で特別な存在になったと思っています。
クレイジーピッグのエヴィルスカルリングやフラッシュポイントのジムスカルリングなど、長年に渡って愛されるスカルリングはいくつか存在し、トラヴィス・ワーカーのオリジナルスカルリングもその仲間に加わっているのです。


こちらの20thアニバーサリーリングはオリジナルのマスター(原型)を使っているのが最大の売り。
とはいえリングの後ろ側には「20th」のデザインが入っており、古くからのファンは「余計なことしやがって・・」と思うかもしれません(笑)
いずれにしろ特別なモデルであることは間違いなく、売り切れれば今後入手が非常に困難になるので、本当に気になる方は早めにご検討を・・・と思ったら、既に売り切れでした。さすが・・・。


----------------------------------------------------------------------------
インスタグラムでは自前の洋服を毎日投稿中!
Wholelottafashion
----------------------------------------------------------------------------



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。