2018年06月10日

【物欲全開で後先考えずに買いたいモノ(レザーウェア編その3):GUCCI ボンバージャケット

「グッチだ。俺は今グッチのレザーウェアを着ている!」

物欲リミッターを外して散在するなら、これくらいのカタルシスを感じても罪にはならないはず。

【物欲全開で後先考えずに買いたいモノ(レザーウェア編その3):GUCCI ボンバージャケット



このボンバージャケット、何と415,800円もします。
レザーウェアとしては法外と言ってもいいくらい高額なプライスなのはもちろんグッチだから。
それに対して文句を言うのはお門違い。買えれば買えばいいし、買えないなら黙っておれば良いのだ。


もちろん40万円超の洋服なんて買ったことがないので、どんな気分になるのか想像もつきません。
「やってしまった・・」という後悔なのか「やってやったぜ!」という高揚感なのか。
この短期連載では「物欲リミッターを外し、全開で買い物をするなら」という趣旨なので、後者であるべきと信じたいところ。
真面目に考えるとメリットもいくつかあります。


まずは高揚感。凄まじい値段のモノを買う=物欲魔にとってアドレナリンが分泌される快楽行為。
着れば着るほど「俺は今グッチのバカ高いレザーウェアを着ているぜ!」という優越感に浸れることでしょう。
次にコストパフォーマンスの良さ。グッチのボンバージャケットはそもそもタマ数が少ないはずで、いざ不要になった際にリセールバリューがそれなりに高いのでは。
どのくらいの値段で買い取ってくれるのかは分かりませんが、40万円超のグッチが不当に買い叩かれることはなさそうな予感。
こんな高い洋服を買っておいてリセールバリューのことを考えるなんてせこすぎるぜ・・・なんて言わないでください。
現実的にはリセールバリューの高さは嬉しいでしょ。


ということで、グッチのボンバージャケットを手に入れることは相応のカタルシスに溺れることができる逸品と判断しました。
見た目もイケてるのでオシャレ番長になれるかもしれません。


----------------------------------------------------------------------------
インスタグラムでは自前の洋服を毎日投稿中!
Wholelottafashion
----------------------------------------------------------------------------



posted by タゴ at 15:47| Comment(0) | 連載:レザーを巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: