2018年07月06日

【物欲全開で後先考えずに買いたいモノ(紳士靴編その2):ALDEN 9751」

日本人は富裕層以外の人間がオールデンを買う国ナンバー1ではなかろうか。

それくらい日本人の靴好きはオールデンに夢中なのです。

【物欲全開で後先考えずに買いたいモノ(紳士靴編その2):ALDEN 9751」



アメリカ、ニューヨークのオールデン直営店は朝早くに店を開け、マンハッタンで働く一流ビジネスマンたちを待ち構えているという。
まるで映画の中のような話ですが、オールデンってそういうブランドですよね。
お金持ちしか買えないわけではないものの、やっぱりどのモデルを見ても靴としては凄く高額なわけで。
世界的に見ると富裕層が買うブランドだと思います。


ところがここ日本ではごく普通のサラリーマンが履いています。
私の周りにもいますが、体感レベルでは2種類の人間がいる模様。
1人目は心底革靴が大好きな人たち。寝ても覚めても革靴のことを考えていて、毎週日曜日には靴磨きを欠かさないような人たちです。
オールデンを買うのはこういう人たちがとても多い。
もう1人はミーハーな人。ブランドモノが大好きで、どちらかというとオールデンというネームバリューを買うようなタイプですね。


個人的には買えるなら買ってしまえばよいと思っているので、どちらであろうとも楽しんだ者勝ちかと。
面白いのは本来お金持ちが履くブランドなのに「普通の人たち」が履いていることがここ日本では多いということです。
これって世界的に見てもかなり珍しいんじゃないかなぁ。
オールデンに限らず高級ブランド全般に言えることですね。日本はなんだかんだ言っても他国に比べたらまだまだお金に余裕がある国なのかもしれません。
ですので、日本は「富裕層以外の人間がオールデンを買う国ナンバー1」と勝手に決めつけてしまいました。


私も靴が大好きですが、修行が足りないせいかこういったカッチリした革靴に対して強烈な物欲がまだ沸きません。
革靴一足に15万円とか出す気には全然ならないのです。
ただいきなり手元に200万円くらい転がり込んできたら・・・もしかしたらオールデン買ってしまうかも?(笑)
革靴大好き人間から見るとオールデンは「物欲全開にしたら欲しい」などという次元ではないかもしれませんが、少なくとも私の場合は全開以上にしないと買うことがないであろうブランド。それがオールデンなのでした。


----------------------------------------------------------------------------
インスタグラムでは自前の洋服を毎日投稿中!
Wholelottafashion
----------------------------------------------------------------------------



ラベル:Alden オールデン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: