2018年07月23日

WAREHOUSE:Lot 4601 DELTA GAMMA

Tシャツでもヘンタイ的にこだわるウエアハウス。

それに無条件で惹かれてしまうヘンタイな自分。

WAREHOUSE:Lot 4601 DELTA GAMMA



初めに、オフィシャルオンラインサイトに記載されている商品説明をそのまま転載させていただきます。


----------
「吊り編み機より希少」といわれる旧式のローゲージ編み機で編まれたウエアハウスの定番ボディです。
12番のムラ糸で独特の陰影が出るように編まれたこの生地はシャドウボーダーと呼ばれており、無地でありながらうっすらと横段のようなムラが浮かびます。極端に前下がりの現代的なネックラインではなく、フライスにパイピングを噛ませる事で強度を保ちながら、着込むほどにネックラインが緩み自然な前下がりが生じます。
----------


もうね、ヘンタイですか?と。
デニム業界で旧式の織機を使うことが多いのは理解していますが、こういうブランドがTシャツを作るとやっぱり超が付くこだわりっぷりでした。
アメリカで生まれた洋服への敬意。日本人的な研究熱心さ。この2つが組み合わさると本当にマニアックでコアなモノができるなぁとつくづく思った次第。もちろん最大限の賛辞ですよ。
ウエアハウスはまずはデニムを体験してみたいと以前から思っていました。リアルヴィンテージを超えるとも言われるジーンズは、デニム狂であれば無視できませんから。
でも、Tシャツから入るのもいいかもしれませんね。このこだわりを5,940円ぽっちで手に入れられるなんて本当に素晴らしい会社です。


----------------------------------------------------------------------------
インスタグラムでは自前の洋服を毎日投稿中!
Wholelottafashion
----------------------------------------------------------------------------



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: